自己破産のメリット・デメリット

普通、「自己破産」と聞くとネガティブなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?
ここでは自己破産のメリット・デメリットを紹介いたします。

自己破産のメリット

■ 全ての借金の返済が免除になることです。これは、最大のメリットです。経済的な再生を図るうえで、これほど有利なメリットは他にありません。

■ 自己破産後に得た収入や財産については、弁済の義務はなく、その使い道は自由です。

■ 戸籍、住民票へ記載されることや選挙権がなくなることはありません。

■ 自己破産手続を理由に解雇することは許されておりませんので、会社を退職しなければならないということはありません。

但し、下記のデメリットにもあるように、一部の職業のかたは、それぞれの職業の法律により、資格喪失事由に該当し、一旦辞めなければならなくなります。

例えば、警備員、生命保険募集人、損害保険代理店、質屋、弁護士、司法書士等の士業があります。


■ 日常生活に必要な家財道具、必需品を手放す必要はありません。


■ 自己破産したことは、通常は近所の人や勤め先には知られませんので、子供の就職や結婚の障害になることはありません。

自己破産のデメリット

■ マイホームや資産価値の高い車などは手放すことになります。

■ 忘れがちですが、過払い金もあなたの財産です。金額によっては、債権者に配当する必要があります。

■ 免責を受けるまでの間は一定の職業に就けなくなり、また資格制限があります。

■ 信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されます。

但し、金融機関のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます。

■ 官報に掲載されます。

官報に破産の手続きをした日時と住所・氏名、手続きをした裁判所等が記載されます。しかし、一般の人が官報を見る機会はあまりないといえるでしょう。

 


  • 住宅ローン返済・借金問題の無料相談受付中|大阪住宅ローン返済相談センター|無料相談予約受付 TEL:0120-365-366 平日 9:00~20:00 土・日曜10:00~17:00|お気軽にお問い合わせ下さい

  • TOPへ戻る