ご相談から解決までの流れ

1)まずは、お気軽にご連絡下さい。

image_staff_soudan1まずはお気軽にご連絡ください。
相談受付の際には、現在の皆様の借金の状況をヒアリングさせて頂きます。

メールの場合はページ下のお問い合わせフォームをご利用ください。

TEL:0120-365-366(受付時間 9:00~20:00) 
土日祝日対応可能です。ご相談下さい。

メールでのご連絡はこちら

2)司法書士による相談

image_staff_soudan事前ヒアリングの内容をふまえ、司法書士がご相談者の借金問題解決のため最適な整理手続や制度の特徴等を説明差し上げます。

経験豊富な司法書士が皆さまにあった最適なプランを
ご提示させて頂きます。

 

 

3)正式契約の締結

●正式契約の締結
当事務所の報酬基準に基づき、委任契約を締結いたします。
費用のお支払いは、分割払いも可能になっています。

●司法書士介入
ご依頼後すぐに、司法書士が正式な活動を開始します。
債権者に対して取引履歴を請求するため、通知書を送付します。

4)債務調査

image_staff_soudan2利息制限法違反業者からの借入れに関しては、法定利率に基づく引直し計算を行い、現在の借金の正しい残高を算出します。 
この時点で法律上の債務額が確定します。

 

 

 

5)方針の決定

債務総額と家計の収支状況等を照らし合わせ、方針を決定します。

6)活動終了

報告書を作成し、費用の精算を行います。

これで全ての手続きは終了です。借金問題の専門家が、皆様の新たな生活に踏み出すそのサポートをさせていただきます。

TEL:0120-365-366(受付時間 9:00~20:00) 
土日祝日対応可能です。ご相談下さい。

メールでのご相談はこちらから

 

当事務所は一時的な債務整理ではなく「生活再建」をお手伝いします

image_staff_all債務整理は借金整理ではありません。借金0や、過払い金を取り返すことが目的ではありません。借金が多額になってしまった原因、支出のほうが収入より多いことがもともとの問題です。
「収入 ≪ 支出」
この状態を解決しないと、本当に債務を整理したことにはなりません。

たとえ「自己破産手続き」や「小規模個人再生手続き」をしたとして、借金ゼロからのスタートでも、収入より支出が上回ればすぐにマイナスの状態になります。

「過払い金の回収」も、一時的には入金があるので生活再建できたかのように見えますが、時間が経てばマイナス状態になることは目に見えています。

つまり生活自体を収入の範囲内で支出をおさめられる様にしないと本当の意味の債務整理とならないのです。
「収入 ≫ 支出」
となることが本当の借金問題の解決です。

私達の事務所では家計の見直しから入ります

具体的には家計簿をつけて頂き、なんとなくわかっているような家計を客観的に見るようにします。すると削るべき支出と削られない支出、注意すべき支出等がわかってきます。

その1~2ヶ月で家計を把握してもらい、債務の状況を調査し、ゆっくりと方針を決めていきます。あせって、急いで方針を決めることはいたしません。数ヶ月であれば債権者も待ってもらえます。

また、借金の支払いは一時停止しますので、すこしずつでもお金がたまります。なにより依頼者の方の気持ちを一番に考えますので、その間色んなお話をし、依頼者の方にとってどの方法が一番適しているか、その方法で依頼者の方が納得するかを優先します。

この時間をかけた状況把握が一番大切だと私達の事務所は考えています。

状況把握せず任意整理で月々支払えそうな金額で安易に和解してしまうと、決着は早いのですが、ゆくゆく支払いに困ったり、破産を進めても依頼者の方の思いと異なったり、いつまでも後悔をし続けないといけないかもしれません。

広島の借金問題・債務整理のご相談は当事務所にお任せ下さい。

 


  • 住宅ローン返済・借金問題の無料相談受付中|大阪住宅ローン返済相談センター|無料相談予約受付 TEL:0120-365-366 平日 9:00~20:00 土・日曜10:00~17:00|お気軽にお問い合わせ下さい

  • TOPへ戻る